競馬専門誌活用法

皆様は競馬専門誌や競馬関連本をどれだけ利用していますか?。

私としては、熟読したとはいえ競馬のレース予想や勝馬投票券の購入方法に活用することはあまりないですが、習慣として購入してしまいます。

すでに癖とも言えるのかも知れません・・・。

インターネット競馬サイトや競馬レース予想企業も同様と言えるでしょうか。

競馬レース場に出向く以前には毎度のように確認しておかないと、何となくソワソワしてしまいます。

10件以上ある競馬レース予想のblogも金曜までに全部に目を通して、自身のレース予想と反対のコメントや、自身のレース予想に自信を持てるコメントなど、色々なデータを残さず収集しています。

このようなことは既に、データを集めるという事よりも気持ちとしては「祈願」や「げんかつぎ」と同じようなことで、自身の気分に安心感を求めるような行為なんでしょうか。

競馬レース場では絶対に競馬専門誌と競馬関連本を手に持ちに下見所(パドック)に向かいます、そしてサラブレッドに声援を送ってしています。

いわゆる守り神のような物なのかも知れません。

このようなことは自身だけのことではなくて、友達にこの件を聞くと、「僕も同じだよ」という競馬愛好家が数名存在します。

競馬専門誌の種類や競馬関連本の銘柄こそ異なりますが、誰でも「自分の重要な持ち物」が存在するみたいです。

携帯や短波ラジオ、デジタルカメラが必須アイテムという知り合いもおりました。

皆さんの競馬に関する重要な持ち物はどのような物ですか?。

そのようなことを調べてみると、楽しいかも知れませんね。

このページの先頭へ